Kieka Kanba BLOG //Record//

神庭祈永歌 (かんばきえか) のブログ

Tweet

神庭祈永歌 個展“Ω” 本日終了

お忙しい中会場までお越しくださった皆さま、誠にありがとうございました*

雲母(キラ)

f:id:kieka-kanba:20180113171137p:plain

シリーズ“Ω”の作品には、全てに雲母(キラ)という日本画に使われるラメのようなメディウムを薄く伸ばしています。

胸像の彫刻をイメージしながら描いていたので、大理石のような輝きを出したかったのと、今回の作品には何か希望のようなものを放たせたかったため、仕上げに使いました。

写真ではこのキラキラ感や濡れた質感が表現できないため、ぜひ間近で見ていただきたいです。

シリーズ“Ω”の作品について

本展のシリーズ“Ω”の作品は、全て大首絵の構図になっています。
「抵う力」という展覧会全体の大きなテーマを表現するため、画面に力強さや圧力が必要だったのと、今回は顔の表情をより細かくハッキリ描きたいという思いがあり、この構図に決めました。

f:id:kieka-kanba:20180113152335j:plain

大きな画面に大きな顔を描く、という事を以前からやりたいとは思いつつ、技量と精神力が足りずこれまで実現する事ができませんでした。

画面いっぱいに描くというのは、絵のバランスが取りづらいとか技術的な事もありますが、精神的にも何か思い切れる意気みたいなものが必要なのだろうと思います。

このシリーズが完成できたら、これからどんな構図でも大きさでも描けるようになるだろうという、個人的な挑戦もひとつひとつの絵にこもっていたような気がします。

f:id:kieka-kanba:20180113152349j:plain

f:id:kieka-kanba:20180113152358j:plain

個展 “Ω” 作品の目線

f:id:kieka-kanba:20180113153342j:plain

本展の作品は、上から下を見つめるような眼のヒトが多いため、一般的な展覧会の目線よりも高めの位置に設置しています👀

高さが違うだけで会場の空間はこんなに変わるんだなぁと、実際に設置し終えて自分自身でもとても新鮮な気持ちになりました。
ぜひ、会場にてご高覧ください*